ARCHIVE   ENTRY   COMMENT   TRACKBACK   CATEGORY   LINK   MEMBERS   RELATED SITES
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 散歩感覚トリップ。 | main | stopping to start over >>
2011.07.29 Friday

How I met lomo lc-a.

 

僕が初めてLC-Aを手にしたのは、2002年の2月。
BRUTUSだったか、PENだったかの雑誌で取り上げられていて、
なんだかかっこいい写真が撮れるみたいだ!と思い、欲しくてたまらなくなりました。

当時の価格は23,000円くらいで、今みたいなゴージャスな木箱じゃなくて、
シンプルなプラスチックケースで売られていました。

ちょっと想像しづらいかもしれませんが、パッケージを開けたときの第一印象は
「なんじゃ、このオイニーは!?」でした(笑)。
なんとも言えない、しめった香りがしていて、
「これがロシアの風か!」とイミフなことを思ったり。

で、早速フィルムを入れて大阪の街をウロウロ。
1日かけて撮ったのに、フィルムが終わらない。
カウンターが36に達しても、まだ巻ける。
そう、フィルムの装填に失敗していたんです。
裏蓋を開けると、案の定まっさらのフィルムが。

よーし今度こそ!とまた出かけて、またフィルムが終わらなくて。。。
なんと、それを3回繰り返しました。

で、これは僕には無理だ!と思い、お蔵入り。
2004年の暮れに「カメラ日和」の創刊号に出会い、
写真を始めるまでの約3年間、ミイラ化もせずに眠っていてくれたLC-A。

今度は装填も成功し、出来上がった写真はヘタクソながら、
独特の色合い。「やった!これじゃ!」となり、見事復活したのでした。

今僕の手元には、写真の3台があります。
2台目は写真や車の楽しさを教えてくれた従兄弟の形見。
これは一度LC-Aが絶版になって、リファービッシュモデルが販売された時のもの。
リファービッシュなのにプレミア化していて、31,500円だったはず。

で、一番手前のワイドアングルレンズが付いているのは、昨年買ったLC-A+。
インスタントバックの取り付けを考慮して、裏蓋が外れるようになった
マイチェン後のモデルです。

LC-Aが2台もあったので、LC-A+はいらないかと思っていたんですが、
yumiさんのお店主催、wbynさんが講師を勤められた、ロモワークショップに参加し、
多重露光やアクセサリーの楽しさを知って、はまって行きました。

LC-Aは個体差がけっこうあるカメラで、3台ともキャラが違います。
リファービッシュが一番ヴィネット(周辺光量落ち)が激しいかな。

いずれも楽しいですし、フィルムカメラにしてはコンパクトな方なので、
いつもバッグに1台は忍ばせています。

this photo was taken and edited with iPhone4
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック