ARCHIVE   ENTRY   COMMENT   TRACKBACK   CATEGORY   LINK   MEMBERS   RELATED SITES
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< The first shot of a film | main | pumpkins >>
2011.07.24 Sunday

LOMO LC-A と NATURA CLASSICA

 

LOMO LC-A+と性格は違うのに、よく比較されたり、
LC-Aユーザーさんにも人気が高かったりするFUJIFILM NATURA CLASSICA。

詳しいスペックの比較などは他のサイトでも紹介されていますので、
ここではあえて感覚的なお話を(レビューにならない予感)。

フィルム感度が1600まで対応だったり(ナチュラはどちらかというと1600が標準な感じですね)、
開放がF2.8だったり、条件によってはナチュラも周辺減光がみられたり、
という共通点はたしかにあります。

上の写真、どちらがLC-AでどちらがNATURAか、おそらくユーザーさんなら一目瞭然のはずですが、
左がLC-A、右がNATURAです。
どちらが優れているとかいうことではなく、どちらの個性をいかして撮りたいか。
僕はそう考えて使い分けています。
(レンズの画角、フィルムが異なっていますので、純粋な比較にはなっていません。
LC-Aにはsolaris 200、ナチュラはNATURA1600フィルムを使用しています)

僕の使い分け方に関して少し具体的に言うと、

【LC-Aで撮りたい時】
  ●青空がきれくて、ロモブルーで表現したいとき
  ●周辺減光をいかしたいとき
  ●美しさよりも楽しさを追求するとき
  ●ハプニングに期待するとき
  ●多重露光したいとき(LC-A+)

【NATURA CLASSICAで撮りたい時】
  ●夕方以降の時間帯や、暗いとき
  ●ズームが欲しいとき(ほぼ標準画角でも撮れます)
  ●人物を撮るとき
  ●ハイキーに仕上げたいとき
  ●MF一眼レフのサブ機として持ち歩くとき

少し前にNATURA CLASSICAの価格改定があったので(ホワイトモデルは対象外)、
今やLC-A+よりも安く買えます。でも、ほぼ同じ価格帯ではあるので、
どちらにしようかな〜って迷ってる方も多いんじゃないかと思います。

こればっかりは、一度自分の手で確かめてみるのが一番!
全国いろんなカメラ屋さんでワークショップをしていたり、
レンタル機を用意されているお店もあるので(数は少ないかもしれませんが)、
実際に使ってみることをお勧めします。

愛媛の方に限っては、当ブログのメンバー、yumiさんのお店でも
LC-A+やナチュラクラシカのレンタルを行っています。
興味のある方はぜひぜひお試しください!
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック